リフォーム


住まいチェックポイントのページへ

施工例のご案内
住まいでお困りのことはありませんか?

年をとると体のいろんなところが弱くなってくるものです。住みなれた家でさえ不自由を感じることも…。そこで私たちは、住まいを改善することで年をとっても自立した生活ができるよう、お手伝いをしています。私たちは住まいのプロ。是非ご相談ください。



番号をクリックするとその項目にジャンプします。


#02

高齢者と障害者に優しいトイレ改造計画

#02

高齢者と障害者に優しい玄関改造計画

高齢者と障害者に優しい浴室改造計画


トイレ改造計画5つのポイント
1
出入り口を広く

介助を受けるようになった場合には出入り口の幅が問題になります。引き戸に改造できればより理想的です。

2
段差をなくす

車イスを使用するようになったり、歩行の補助具を使うようになると少しの段差も障害となります。床の段差だけでなく、扉の下のわく段差もなくしましょう。

3 便器は洋式に

ひざが曲がりにくくなったり、足が不自由になっても洋式便器なら楽に用がたせます。ウォッシュレットを設置すれば片手が不自由でも問題ありません。

4 手すりをつける

便器からの立ち上がりがむずかしくなっても、手すりがあれば安心です。最近は棚と一体になった手すりなど、部屋に調和する手すりもできています。

5 寝室の近くに

夜中にトイレに行く場合、寝室の近くにあれば安心です。場所に余裕があれば寝室に近接してトイレを設けましょう。押し入れを改造することもできます。

やさしい住まいになる

 船橋市丸山のTさんは、奥さんのリハビリ入院の間に自宅の改築をしました。
 歩行練習や車イスを使用するために、居間にあわせて廊下を8?高くして段差を解消、寝室も畳からフローリングに変えて、どこにでも移動できるようにしました。ならんで作られているトイレと洗面所は、上つり金具を取り付けた一枚の引き戸にして共同で使い、L型とI型の手すりをつけて、風呂場もスノコとL型手すりをつけて自分で入浴できるようになりました。
 これは、主治医と医学・作業療養士と大工さんに相談して改築したもので、「やさしい住まいになりました」とTさん。


玄関改造計画5つのポイント
1 出入り口を広く

間口を広げて出入りをラクに!
車いすの場合は引き戸にしましょう。

2
段差をなくす

ドアの下の敷居が高いときは、土間をあげて、つまづかないようにしましょう。

3 手すりをつける

あがり「カマチ」の横の壁にL字型の手すりをつけて、上がり降りを容易にしましょう。

4 床材はすべりにくいものに

すべって転んだら危険です。すべりにくい材料を使いましょう。

5 ベンチをつくる

履物のはきかえのために、ちょっと腰を下ろせる場所をつくると便利です。外出が楽しくなるでしょう。

スロープにも工夫を
 

松戸市新松戸南のEさん宅では、おばあちゃんが車イスの生活をしていますが、外出のとき玄関の出入りに不自由をしていました。
 大工さんと相談して変形の玄関スロープを作ることにしました。木造で4つの部材を組み合わせ、左側を変形に、右側にはクルマ止めをつけました。
 「木製なので少々重いのですが、今では母が出かける時も、わたしが一人だけで車イスを押して出かけられます」と奥さん。スロープにも工夫を。


浴室改造計画5つのポイント

1
浴室・脱衣室を暖かく

冬場の急激な体感温度変化は禁物です。床暖房や遠赤外線暖房などの工夫をしましょう。

2
段差をなくす

浴室の段差は危険です。スノコを敷いたりして、段差をできるだけ解消しましょう。

3 浴槽の形に注意

浴槽の底ですべって溺死する事故が多くあります。あまり深くない浴槽はかえって危険です。すべり止めをつけることも大切です。

4 手すりをつける

浴室内は、石けんなどてすべりやすいものです。また、浴槽に入る時にも手すりがあれば安心です。縦型、横型など、場所に適した手すりをつけましょう。

4 手すりをつける

新築を計画される場合は、寝室の近くに浴室を設けると便利です。また、トイレと一体型にすることもできます。介助が必要な場合は、少し広めに計画することも大切です。

だれにもやさしい浴室を

 千葉市花見川区のAさん宅では浴室の増改築を行ないました。
 おばあちゃんだけでなく、家族全員にとってもやさしい浴室づくりにしました。
 一間四方に拡張し、L型とI型の手すりをつけ、浴室の床をあげて段差を解消し、入口に排水溝をつけました。
 今までは奥さんの介助で入浴していましたが「今では自分一人で入浴できるようになりました」とおばあちゃん。

住まいチェックポイントのページへ

あなたの家は大丈夫?耐震チェック

一般社団法人 住宅リフォーム推進協議会

住宅リフォームの心得 必見

バリアフリー化のアドバイス