高齢者に優しい住まい


介護保険で住宅改修のページへ
点検・改修のポイント
高齢者・障害者にやさしい住まい改善で

ちょっとした工夫で健康住宅

①意外に多い家庭内の事故

グラフ

高齢者の家庭内での死亡事故は、実に交通事故と同じ位に多いのです。
「つまずき、転倒」などのちょっとした事故が、高齢者の場合には骨折や、寝たきりにつながります。

②段差をなくす

今の住宅は、玄関にはじまってそれぞれの部屋に移動する際に必ず段差があります。
この段差が、つまずき、転倒の原因となりますし、車イスでの移動を困難にします。
すべりにくい床材を使用することもポイントです。

③手すりをつける

移動時や体を起こす時に「手すり」があれば、事故防止につながります。さらにそれだけでなく、「手すり」が付くことでこれまで自分でできなかった生活行動が可能になり、リハビリにもなるのです。
トイレ・浴室・玄関・廊下など、必要な箇所に「手すり」を付けましょう。
「手すり」の高さや形状は、本人にあったものを付けることがポイントです。左右どちらが不自由なのか、付ける位置は全く違ってきますので注意が必要です。

④適切な設備機器・介護機器を活用する

階段・昇降機
段差昇降機
足元にフットライトで更に安全です。
小さな段差なら「スロープ」の設置で段差解消!
現在では、高齢者や障害者むけに、各種便利な「設備機器」、「介護機器」が開発されています。それを、本人にあわせて上手に活用すれば、生活はもっと快適になります。
便利な「レンタル制度」や、「各種助成制度」がありますからご利用ください。

⑤車イスでの移動を考える場合

工事費は多少高くなりますが、次のことに注意してください。
車イスにもよりますが、廊下の巾は90cm以上必要です。
間取り変更をともなう改築をする場合は、車イスでの移動を考慮して、玄関・廊下・台所・トイレ・風呂場など広いスペースを確保することが重要です。
車イスで自立した生活をしたい場合には、調理台なども車イスが入り込める高さに調節することが必要です。


住宅改善で家族の生活スタイルが変ります

日常生活が安全にできるようになることで、ケガや寝たきり二次障害の防止につながります。
自分のことが自分でできるようになれば、身体・心身の機能が向上し、リハビリにもつながります。
介護者や家族の負担が軽くなることで、健康と生活を守り、生活の質が向上します。

安心で確かな、あなたの町の大工・工務店にご相談を

設計・施工の相談は、地元の大工・工務店、建築職人にご相談を。「手すり1本」でも気軽に声をかけてください。
福祉・保健の専門家の紹介で、介護機器なども安心して相談できます。
高齢者・障害者の住宅改造は、一人ひとりの障害程度に見合ったきめ細かさが必要です。
 地域の大工・工務店だからこそきめ細かな対応が可能です。
 資金面の相談も十分対応します。各自治体で工事費の助成や融資制度があります。

介護保険で住宅改修のページへ

あなたの家は大丈夫?耐震チェック

一般社団法人 住宅リフォーム推進協議会

住宅リフォームの心得 必見

バリアフリー化のアドバイス